ダッシュボードに警告!?ロリポップのPHPを7.1にしました

PHPのバージョンアップを促す警告
PHPのバージョンアップを促す警告

そう、うすうす気付いてはいたのです。

ログインする度に表示される警告を。

PHP (PHP: Hypertext Preprocessor を再帰的に略したものです) は、広く使われているオープンソースの汎用スクリプト言語です。 PHP は、特に Web 開発に適しており、HTML に埋め込むことができます。
引用: PHP: PHPとはなんでしょう? – Manual

要するに、ブログ(ここではWordPress)がPHPというプログラミング言語で作られているので、その大元をバージョンアップしてね、という感じでしょうか?

でもこれは、サーバー側が自動的に対応してくれる類のものだと勝手に思い込んでいました。

でも違ったんです。

どうやらサーバーのユーザーページから設定をするようなのです。

スマホ操作だけでPHPのバージョンアップ

このブログはロリポップを利用しています。

先に結果を伝えますと、スマホ(iPhone)の操作だけでPHPのバージョンアップ完結できました。簡単に手順を示します。

  1. 表示をPC版に切り替える
  2. データベースのパスワードをnativeにする
  3. PHPのバージョンアップする

ネ!簡単でしょ!☆

1. 表示をPC版に切り替える

ロリポップの【ユーザー専用ページ】にログインします。

スマホの場合、メニューが簡略化されていて目的のページへ行けないので【PC版に切替】をします。

下の方へスクロールすると切り替えのリンクがあります
下の方へスクロールすると切り替えのリンクがあります

ここからは、スマホ画面にPC版を表示させるので画面が小さく操作し難くなります。ピンチアウトで画面を拡大しながらやっていきます。

ピンチアウトとは、iPod touchやiPhone、iPadなどにおけるマルチタッチスクリーン操作のうち、画面上の操作対象を広げるように2本の指を離していき、画面を拡大させる操作のことである。

引用: ピンチアウトとは何?Weblio辞書

2. データベースのパスワードをnativeにする

真っ先にPHPのバージョンアップといきたいところですが、データベースのパスワードがnative_password形式でないと「データベース接続確立エラー」が出てしまうようです。

ですので、先に変更しておきます。

[サーバーの管理・設定]メニューから[データベース]を選びます。

[サーバーの管理・設定]>[データベース]>[パスワードを再設定する]” /></div><p>そして[パスワードを再設定する]を選びます。</p><p>ここで入力するパスワードは今使用しているものと同じにします。セキュリティ的観点から見るなら別のパスワードするべきですが、今回は同じパスワードを使いました。</p><div class=
[サーバーの管理・設定]>[データベース]>[パスワードを再設定する]” />

そして[パスワードを再設定する]を選びます。

ここで入力するパスワードは今使用しているものと同じにします。セキュリティ的観点から見るなら別のパスワードするべきですが、今回は同じパスワードを使いました。

新しいパスワードを違うものにしてしまうと、ブログの設定(wp-config.php)を変更しなければならなくなります。
現在のパスワードはユーザー名の横にある[パスワード確認]から確認できます。

[新しいパスワード][新しいパスワード確認]の欄を入力したら[パスワードを再設定する]を選びます。

これでパスワードがnative_password形式になりました。

3. PHPのバージョンアップする

次はPHPのバージョンアップです。

[サーバーの管理・設定]から[PHP設定]を選択します。

[変更したいドメイン]または[すべてのドメイン]のバージョンを選択肢から選びます。

モジュール版とCGI版がありますが、うちはライトプランなのでCGI版しか選べなかったです。

選択したらその横の[変更]を選びます。確認が表示されるので[OK]を選びます。

すべてのドメインのバージョンを「7.1(CGI版)」に変更します。
すべてのドメインのバージョンを「7.1(CGI版)」に変更します。

その後の画面でバージョンか変更されているのを確認して終了です。

ポイントはデータベースのパスワード形式

ブログにログインしてダッシュボードの警告が消えているか確認。成功です。

もし手順を間違えた場合は「データベース接続確立エラー」になりますので、[パスワードの再設定]をしてブログの設定(wp-config.php)を修正します。

私は大丈夫でしたが、利用しているプラグインやテーマがPHPのバージョンに対応しているかどうかも重要みたいです。

バージョンアップ後の表示がおかしい場合は確認してみてください。