チキンナゲットの代わりにまぐろナゲットを食べてみました

まぐろナゲット食べてみた!
まぐろナゲット食べてみた!

私は毎日の朝ごはんにチキンナゲットを食べています。ストックがなくなったのでいつものスーパーへ出かけました。ところがこの日、チキンナゲットはすべて売り切れていたのです。

「このままでは明日の朝ごはんがなくなってしまう!何か代わりになるものを探さねば!」

そこまで切実ではありませんでしたが、少し前から気になっていましたので「まぐろナゲット」を買ってみることにしました。

魚をあまり食べない生活

我が家では、普段から魚類を食べる習慣があまりありません。

「この日は食べるなぁ」という日を挙げてみると、

  • 大根が安かった日のぶり大根
  • 節分の日の手巻き寿司
  • 土用の丑の日のうなぎ
  • イチヒメ(娘)の誕生日に大好物のとろろ鉄火丼

別に特に嫌いというわけではないのです。

ただ、魚料理は大変というイメージでがあるので調理も後片付けも手間がかからないメニューを「この日」と決めた日にしか出さなくなってしまっているのです。

健康的な食事を考えたら、もう少し魚を食べる機会を増やすべきなのではとは思っていました。

朝食にまぐろナゲット

まぐろナゲットは既に調理済の状態で売られています。ですので、レンジやトースターで温めるだけで食べられます。

手間がかからないのは忙しい朝食のメニューにピッタリです。毎日じゃなくても頻繁に出しやすいのは良いですね。

自然解凍でも大丈夫ということなので、お弁当のおかずもできます。

気になるお味は?

チキンナゲットとまぐろナゲットを比較した朝ごはんメニュー
チキンナゲットとまぐろナゲットを比較した朝ごはんメニュー

味に関しては、魚臭さというか若干ふわっとした魚の風味があります。魚のつみれよりは全然大丈夫ですが。

うーむ…嫌いな人は気になるかも?

今回は、1個だけ残っていたチキンナゲットと一緒に食べたから余計に分かった可能性もあります。

食感は、チキンナゲットとほとんど違いはない感じ。見た目も歪んだ楕円でチキンナゲットと変わりはありません。

販売元は株式会社バンノウ水産

清水港にあるマグロ専門の製造メーカーです。調べてみるとお食事処もやっていて新鮮なマグロ料理が食べられるようで、なかなか魅力的でした。

ちなみにメニューに「まぐろナゲット」あるみたいです。

結論:魚嫌いじゃなければイケル

魚っぽさがフワっとする味です。私は魚嫌いじゃないけど「やっぱり分かるなー」って違和感がありました。魚嫌いだと拒否反応起こすかもしれません。

今回何もつけずに食べましたが、ケチャップやマスタードで食べても良さそう。

魚風味は誤魔化せるかどうかは微妙なところですが。

私的には悪くない味でしたので、上手に取り入れて魚の摂取率上げていこうと思います。